Statement

今回お届けするのは、総勢13人のアーティストが参加するペインティングVIDEO「TRY&ERROR」の公開制作展です。
複数のアーティストが、上書きする形で次々と壁面にペイントしていく様子を収録し、VIDEO制作すると共に、
制作日数の尺を広げ、日ごとにペインティングを鑑賞できるパーティを催します。
現在、私の周りには優れたアーティストが沢山います。
彼らの多くは既存のアートコミュニティに属する事無く、はっきりしたマーケットの無い朧げなシーンの中を漂いながら、
DIYなスタンスで制作し生活しています。音楽、グラフィティ、マンガ、雑誌、クラブカルチャー、ヒッピーカルチャー、壁画運動、
影響を受けたソース元は様々で、それぞれに独自の文法を持って表現していく。捉えどころの無い、カテゴライズしようのない、
ストリートアートに由来する、拡張された新たなアートシーンで。

彼らへの注目の経路を整備したい。
その表現の多様性と強度を示したい。
それが今回の公開制作展の根底を担うモチベーションになっています。

VIDEOについて、これはまさにBARNSTORMERSが1999年から始めたVIDEOプロジェクトに起因していますが、
本質的には異なる制作物になるでしょう。仕上がりのVIDEOはアート作品ではなく、参加したそれぞれのアーティストへの
注目を促すハブとして、また、シーンの拡張性を捉える為のインターフェイスの一つとして機能します。
その為、パッケージ化して販売せずに、YoutubeやVimeo、Ustreamといった無料コンテンツでの試聴と無料DLで
多くの人達に見てもらえるよう、クラウドにアップロードします。

彼らの制作する姿を通して、拡張されたアートシーン、文化の連続性、分裂していくコミュニティ、
それぞれの関係性を、皆さんに考えて頂きたいと思います。

(この文言でVIDEOという単語を使うのは、これまで影響を受けた数々のVHSへの敬意と、それに対する返答の為であり、
必ずしもアナログ媒体を指し示すものではありません。)


 

プロデューサー:大山康太郎

 




 

We are going to hold an open exhibtion for the painting video “TRY&ERROR” featuring thirteen artists.
The objectives of this event are, first,  to record a number of artists who paint their art over other artists’ painting on the same wall, and second, to host parties where guests can look at their ever-chainging paintings during the production period.


Today, there are many remarkable artists around us, many of whom do not belong to the established art community,
but drift through the art scene without a distinctive market. They create and live on a DIY basis. Their influences are diverse
and range from music, graffiti, cartoon/comics, magazines, club culture, hippie culture, wall painting movement, and so on.
The artists express themselves with their own grammar in an newly extended art scene which is intangible, unclassifiable,
and street-art originated.

We are hoping to set up a traffic leading to their visibility while signifying the diversity and intensity of their expression.
That is the fundamental motive underlying this open exhibition.

While the reason for video recording this event was mainly inspired by the video project by BARNSTORMERS started in 1999,
our project is essentially different.  The edited video would be a hub leading to the visibility of each artist as well as
an interface to seize an extendability of art scene rather than an art piece. Therefore, we intend to upload the video
for free viewing through cloud services such as youtube, vimeo, and ustream so that more people can share.

We encourage viewers of this project to think about the extended art scene, continuity of culture, dividing communities,
and correlation between those elements.

Note:
The word “video” used in this statement doesn’t necessarily mean an analog medium, but it is willfully used in order to show
respect for VHS videos that once had influences on us and also to reply to them.

Producer,
Koutaro Ooyama

 

 

TRY&ERROR